DTM Freestyle

Beatport SYNC : DJミックスもできるフェーダー付きオーディオプレイヤー

スポンサーリンク


Beatport SYNC」は、DTM系のソフトウェアではお馴染みのドイツの「Native Instruments」が提供している、DJプレイツールとして人気のある「TRAKTOR 3」をベースにした簡易DJ機能付きオーディオプレイヤー用フリーソフトです。

このDJプレイ機能を持ったオーディオプレイヤーは、インターネット上の有料音楽配信サービスであるBeatportでのミュージックダウンロードの販促を目的としたプレイヤーだと思われますが、フリーでロングミックス向けのDJプレイやiTunesとの連携機能、ローカルPC上の膨大なオーディオデータの検索機能などが利用でき、「TRAKTOR 3」など、本格的なソフトウェアDJツールを購入する前にちょっとお試し感覚でもオンラインラジオを流すだけでも十分使えるフリーソフトです。

Beatport SYNC」はドイツ(Native Instruments)発というだけあって、見た目もデモソングも「Beatport SYNC」から接続できるネットラジオもハウスやテクノ、エレクトロ、ミニマル系のミュージック仕様となっている感じです。

「Radio Stations」から試聴できるオンラインラジオ(Proton Radio)の延々続くブレークス、ハウス、テクノなどのリズムミックスもかなりかっこいいトラックが聴けます。

DJプレイヤー機能としては、A,Bの2つの独立したプレイヤー上にミックスしたいmp3やm4a、wma等のオーディオファイルをそれぞれ読み込ませることができ、真ん中のクロスフェーダーで2曲をミックスすることができます。

その際、クロスフェーダーの上にシンクロ(テンポ同期)ボタンを押すことによって、再生中のトラックのBPMに自動的に一瞬であわせることが出来ます。
BPM同期機能はかなり精度が高く、4つ打ち系のリズムトラックであればほぼ間違いなくテンポを合わせてくれます。

さらに、フェーダーでミックスされる際もスタートポイントをぴったり合わせてミックスできるので、とても手軽にロングミックスを楽しめます。

A,Bトラックには、それぞれ波形が表示されますが、これをマウスで左右にドラッグすることによってターンテーブルでのアナログレコードのようにスクラッチ音を出すこともできます。

マルチサウンドカードに対応し、標準のサウンドデバイスから別途拡張したサウンドカード、仮想ASIOデバイス(ASIO4ALLなど)を自由に選ぶことも可能。

ダウンロードには、Eメール登録をして送られてくるアドレスからダウンロードする必要があります。

主な特徴 -Main Features-

  • DJプレイ機能付きデジタルオーディオプレイヤー
  • BPMシンクロ機能
  • クロスフェーダー
  • ピッチフェーダーコントロール
  • マウスドラッグによるアナログスクラッチ音
  • マルチサウンドカード対応
  • オンラインラジオの試聴
  • プレイヤーの超コンパクト表示
  • ID v3タグでのオーディオファイルの振り分け
  • サポートオーディオフォーマット:wav, aif, mp3, m4a, flac, ogg, wma

動作環境 -System Requirement-

  • Windows XP / Vista
  • Mac OS 10.4.x / 10.5

Download this app

URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. Beatport SYNC

  2. 無料なんですか?

コメントはこちら

*
DigiPress
DigiPress

*

Facebookでコメント

Return Top